HOME > 不安対策 > 受験で英語の力をもっと高めたい!

不安対策

受験で英語の力をもっと高めたい!

高校入試は公立よりも私立の方が単語レベルは高くなります。公立は1500語、私立は2000語の語彙数が必要ですが、エアースでは中学時で3000語をカバーします。
中3で英検2級を取る子が出るのも珍しくありません。
英文法も、単に代表的な英文の形のみを教授するのではなく、「なぜそういう文章の形を取るのか」という根幹の部分に関しての説明をしっかり行います。

単語と文法をそれぞれ根本的な説明を行うことにより、文章読解も読み違いがなくなっていきます。
また、試験に必要な「時間との戦い」という側面に関しての、長文読解の勉強方法と解き方のテクニックも伝えていきます。
学校での定期考査は、丸暗記しないと解けないなど特殊な出題がされることがありますので、範囲なしのベネッセや駿台の模試の方が成績がいい、という生徒もエアースに少なからずいるのは不思議なことではありません。

高校部は、高1時で基本をもとにセンター試験に必要な文法と単語力をしっかりと解説・演習していきます。
無学年生での受講が可能ですので、高2以上で基礎力に大きく欠けている人にはお勧めです。
高2では実際の国立や私立の入試問題を題材に、全訳を含み丁寧な解説を加えていきます。
大学入試というと途方もなく大きな壁を感じるかもしれませんが、この指導により、「確実にやればどの問題も解けるんだ」という自意識を育みます。
高3でもその指導をベースに、時には数多い文章読解や、和文記述問題、選択肢問題、発音アクセント演、・図や表を用いたビジュアル問題、英作文添削など、さまざまな角度から本人の真の英語力を磨いていきます。
受験であろうと定期考査、英検、TOEICであろうと、どの方面に向かっても結果が出せるのは、この多角的な授業方式のためです。

trouble_learn01.jpg trouble_learn02.jpg trouble_learn03.jpg
英語を勉強する気になかなかなれない 授業例

このページのトップへ