HOME > 気まぐれコラム > 今日の1コマ > 口紅

気まぐれコラム

< 2019 エアース合格実績  |  一覧へ戻る  |  新学期開講 >

口紅

教室の片隅に、細い溝に入るような感じで、口紅が落ちていた。


驚きである。

この仕事やってほぼ30年、口紅の落とし物というものは経験したことがなかった。

まず高校生から考える。


いない。

次に中学生。あ!と思う女の子が一人いた。

いやまさか。


しかしこの21世紀も20年近くを経ているから、あり得るかも。

しかし、この口紅だが、私なんかも知ってるMACのもので、たぶん一本で3000円以上する。

中学生の金銭感覚から考えて、これはさすがにおかしい。(高校生でもおかしいかも)


私だって中学生の頃、Leeというジーンズがそれぞれくらいして、どっかの舞台から飛び降りるような覚悟で購入したものである(時代はぜんぜんちがうけど笑)。


そこで思いついたのが、保護者説明会。来会のお母さまである。

これだ、これが答えに違いない。

そう思い、各出席者の方に連絡を取ろうと思って、ふと頭をよぎったのが、ある女子高校生。


中1からいる子なので、申し訳ないことに私の脳内では、彼女が高校生という意識はいまだ全くない笑。

小さい娘、て感じだったので、例えばだが、先日授業に「バイト帰りなんですー」とかで

口紅つけてきたときには、少なからずおどろき、


「ああ、世のお父さんてのは、自分の娘が成長すると、こういう経験をされるのだな」

との思いもよぎったわけであるが、



それでもまさかと思い、この子にLINEをする。画像を添えて。


そしたらどうだ。

娘「あ!私のです!明日受け取ります!」 だって。

えええええ



どうしても信じられず、

私「ほんとかー?」

娘「そーです本当です!ママにもらったんですーー」

私「高校生の口紅の携帯は、刑法134条で禁止されてるの知らんのか」

娘「やだーそんな罪ありません笑笑」

私「あとモアリップとか、複数所持しているようだな。罪刑加算になるぞ」

娘「モアリップは色ないやつですし!笑」

私「しかも、ほぼ中学生が持ってるとなると、これはもう無期(懲役)かと」

娘「ほぼ、じゃなくて高校生なんですけど!! そろそろ変化を受け入れてほしいんですけど笑」


。。。。。(以下省略)


まあ、口紅所持自体は、どうでもいいのである。



お互いに気ごころ知れてると、こういうやりとり、結構心がなごむ 笑

時間を忘れたりする空気が生まれるというか、ふと平和を感じられるというか



という今日の一コマ。




カテゴリ:

< 2019 エアース合格実績  |  一覧へ戻る  |  新学期開講 >

同じカテゴリの記事

新学期開講

3月よりエアースでは新学年としての授業を開始。

今春は暖かくなるのがいつもより早い感じ。

それとともに花粉のために目がかゆくノドもムズムズする。


相変わらず、公の広告はこのHPと若干のFacebookを除いては殆ど行っていない。

近所の方で、口コミで来られた方に聞いても、うちの存在を知らなかった、という反応が多い。


もう15年も16年もやってるのだが、この知名度のなさは、なんだろう。
答えは明瞭
経営者が広報活動にあまり関心がないことに尽きるだろう笑


ただ今年は、特に新高1が、口コミ・休塾後の復帰・HPで見た・中学部よりの継続、とすべての
方面からの方々が、存外にいらしてくれて、もうほぼ締め切りにしようと思っている。

ついでながら新中1も、英語に加えて数学を行うことにし、それも同一日にするので、わりと
受けがいい気がする。これも予想以上の数の方が入会してくれている。

昨年冬から、ZOOMというアプリで、賞品付きのエアースクイズ大会なるものを月に2回開催しており、
通塾生も楽しみにしてくれてるのかな。

このアプリにより、遠隔地でも授業の受講を可能にしている。ご興味ある方はお問い合わせください。


今春は、神戸大医学部・東工大・早稲田・慶應と、受講生は少ないが、かなりの精度で合格してくれた。
だが教室自体は受験受験という雰囲気は(まったく)ない。

大学受験の結果が構内に貼られ、新しい塾生たちを迎えて、みんなもちょっと引き締まっている、
そんな春である。




2014 Brisbane Tennis Match

フェデラーのフリークショット! 

昔テニスやってた頃、こんなことが出来ればすごいな~と想像してたショットが、現実に出せる人がいるんだなーと、フェデラーにただただ感動。

 

 

 

ついでに、そのテニスの試合を見ていた(かどうかは分からないが)ネコたちの、見事なシンクロナイズド観戦。

 


WEBサイトをリニューアルしました

WEBサイトをリニューアルしました

夏の想い出

息つく暇のない夏期講習が終了した。

 

子供たちにとっては、悲しい夏休みの終わりではあるだろうが、私にとっては、比較的に静けさと涼しさを伴った季節が訪れるのは歓迎である。

 

暑い夏でもあった。

 

自分が子供の頃の夏も暑かった記憶があるが、果たしてこれほどだっただろうか、という思いもする。そんな夏の終わりになって、そういえば、夏らしい行動を全くしていなかったことに思い至る。

 

 

夏といえば、自分にとっては、スイカと花火とサザエがすぐに連想される。

 

冷房もない子供の頃は、畳の上に座り、扇風機にあたりながら、テーブルの上に、それまで何日間か水をたたえた緑色のブリキのバケツに入っていたスイカが、母の手によりザクザク切られた形で登場し、若干の塩をふって、自分が大型のカブトムシになった気分も感じながらハシュハシュと次から次へ食べたものである。

 

この、甘いものに塩分を加える、というマリアージュ(笑)は、つい最近になって自分の前に再び現れた。

 

「ソルティライチ」というKIRINから発売されているものである。

 

もう何十年か生きてきて、「これは旨い!」と感動するものが少なくなりかけている昨今、この飲料は初めて飲んだときは、それこそ目を見張るような感動を覚えたものだ。

 

以降、1.5リットルのペットボトルが数本、我が家には常備されている。

 

 

話題が逸れたが、夏の花火は風物詩。

 

子供の頃はお盆の時期に親戚一同が集まり宴が開かれるのが恒例で、会食が終わると家の外へ出て、まずは子供たちだけで花火に興じ、その後大人が見に来る、という流れであった。

 

太目の爆竹に導火線と竹ひご1本がくっついた感じの「ロケット花火」を、空の牛乳瓶に1回7~8本挿し、導火線を一箇所に束ねるように手でまとめて、一気に点火する。

 

シュッシュッ シュッシュッ

 

と一気にオレンジ色の閃光が夜空へ解き放たれていき、

 

パンパンパパン

 

と軽快な連発音が心地よかった。火をつけるのは兄と私の役目で、それより小さい従兄弟たちは、目をキラキラさせて眺めていたものだ。

 

多摩川(二子玉川)の花火を、先日何人かの生徒たちとうちのネイティブとで見に行ったが、そのときネイティブから、「花火があるってことは、何か特別な意味があるのか?何かのお祝いなのか?」と聞かれて、返答に窮してしまった。。。もちろん、歴史的には何かの意味があったのだろうが、われわれ日本人はむしろ当然の行事であり、その質問に対しては情けなくも

 

「夏だから」

 

と答えるのみにとどまり、苦笑するしかなかった(笑)

 

 

海で泳ぐのも大好きだった。

 

1回溺れて死を覚悟したこともあったが、そんな事件があっても海に対して恐怖を感じたことは現在までもない。海の中には、未知の世界があり、2~3m程度潜って、岩の間にウニやサザエが隠れている。ウニは危険だったのでほぼ回避したが、サザエは毎年必ず十数個取ってきて、その日の晩御飯に刺身とつぼ焼きが並び、子供ながらに「僕が取った」と得意げに鼻をふくらませたものである。

 

プールで泳ぐなんて、海に比べたらなんて子供じみたことだろう、なんてことすら思っていた生意気な子供時代だった。

 

 

だが、しっかり泳ぎにのみ専心するのであれば、もちろんプールに勝る水場はない。

 

2013年。暑い、暑すぎる夏。  そうだ、泳ぎに行こう!

 

そう思って、近隣に気軽に行けるプールがあるかを調査した(生徒に聞いただけだが[笑])。

その中で、「緑ヶ丘小学校」という選択肢があった。なんでも、屋内の温水プールで、かつ入場料が大人1人400円という。

 

私の子供の頃は、市営プールの利用料が10円だったものだが(いつの話だ[笑])、まあそれはそれとして、高い金額ではない。そもそも、レジャーランド的な、幾多のサトイモをまとめて洗っているようなプールに、数千円の金額をかける気はさらさらなかったので、心は緑ヶ丘小学校に定まる。

 

自由が丘駅からヤマダ電機経由で、それほど遠くない。一般開放も確かにしているし、時間帯も申し分ない。これをネットで確認して、妻を伴って行ってみた。

 

入る前の更衣室も十分広く、プールの場所へ入ろうとしたら、センサーが作動して、お湯のシャワーが降り注ぎ始める。そもそも公立の小学校で屋内プール自体が感動ものだが、この設備も私にとってはかなり驚くべきものであった。

 

さっそくシャワーを通過し、舞台に上がると、大人10名子供10名くらいで思ったほど混んでおらず、プールが自由に遊べる区域とまっしぐらに泳ぐためだけの3列のレーンの区域の2つに分かれていることが分かった。

 

妻が出てくるまで、軽くひと泳ぎ、と泳行レーンに歩み寄って、人がいなくなったレーンに飛び込み、水中潜水して15mほど進み、息継ぎをして更に潜水して反対側に到着したが・・・

 

係員がそこで待機しており、水面で顔を出した私に、やっと来たなといわんばかりに

 

「ここは一方通行ですから逆向きに泳がないでください。それから、飛び込みも禁止です!」と叱られてしまった(笑)。 

 

ご迷惑をおかけしました。。。

 

その後妻が、更衣室で何のトラブルがあったものか、ようやく出てきてその後はフルに90分、水遊びを楽しむことができた。また是非行きたいものである。

 

 

 

授業ばかりだと家との往復だけで、まあそれはそれで良いのだが、やはり外に出るといろんなことがあるものだ^^

 

やっと、夏を楽しむことができた1日だった。


東大へのインド人留学生招致

これからの日本を支えるべき人材が、従来から指摘されていることではあるが、更に

その多様性が加速化している気がしてならない。

 

30過ぎても親に依存し、ネットカフェに入り浸り、一日単位のアルバイトをしている日本人

青年層の数は、減っているという話はあまり耳にしない。

 

日本の会社が以前に比べて終身雇用制を取らなくなってきていたり、採用を急遽取り

止めるなど、雇用側の問題があり政府の対策的な問題も大きく指摘されるところでは

あるが、総合的に見て憂うべき状況であることに疑いはない。

 

現在の世界の大学でのランキングで、東京大学は30位と発表された。

 

いろんな項目からの総合評定で決定されるようであるが、中でも「国際力」の面で

著しく低いことが現状のようである。

要因として、外国人の教授であるとか、海外からの留学生の数も非常に少ないことが

挙げられる。

 

先日TVで見たところによると、インドに東大のスタッフが赴き、この状況を打開すべく

留学生招致のために懸命な活動を行っているという。説明会に参加している高校生

や大学生は、椅子に座りまたは後ろで立ち、或いは階上の廊下から見下ろす形などで、

真剣にその説明を聴いており、それを見ていて感じ入るものがあった。

 

東大に限らず、様々な大学が、大学力を挙げるためや或いは学生数確保のために

留学生獲得に意欲を燃やしてくることになるだろう。

日本に比べたらそれほど裕福でない留学生は、将来の自分のため、或いは

自分の家族を、自分の親を、兄弟を支えるべく十分な収入を得ようと、並々ならぬ決意

とモチベーションで来日することになる(している)だろう。

 

日本の高校生は、あるいは中学生は、どうだろうか。

部活部活で忙しくしている生徒は非常に多い。

学校での活動や任される責務も、一学年に300人いた私の時代とは全く異なり、負担は軽くない。

 

そのようなextracurricular activitiesを決して否定するわけではないが、毎日何時間も、

さらには週末の土曜も日曜も何らかの形でそれらに時間を割かなければならない状況も

あると聴くと、正直首を傾げたくなる。

いったい自分の時間があるのだろうか、と。

 

同時に、日本の生徒は幸せとも感じる。

大抵の生徒にとっては、部活は趣味の領域であるからだ。

少なくともフィリピンやインドネシアやインドの生徒たち

彼らは、学校に行けるだけでも幸せであり、小さな頃から、帰ってきてすぐ

家の仕事を任せられる。

そういう状況は無数にある。

 

だが大変なようではあるが、家庭内で一緒に過ごす時間も増え、こういう国の人

たちは実に家族を思う気持ちが強い。

 

 

自分のために頑張るのと、人のために頑張るのとではどちらが頑張れるか。

 

答えは「人のため」である、と私は個人的に強く思う。

例外の方もいらっしゃるだろうが、本当に大切に思う人がいれば、心の底から真剣になれるもので、

自分自身のためだけの方が、より多く妥協が訪れやすい、と私は思う。

 

 

小さな頃から、大切な人間関係をはぐくみ、その周囲の人たちを視野に入れた青年と

困窮を知らず、趣味の領域に無視できないほど多くの時間を注ぎ込んできた青年とが

ますます共存していくであろう社会が予見される。

 

生徒たちは、これから何を思いどのように行動すべきか。

今回の東大の留学生招致のニュースは、その点を改めて一緒に考えていきたく思った次第である。


このページのトップへ